上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  >>Top >>スポンサーサイト

私がダイエットを意識したのは子どもの頃からだったように思います。

幼い頃から私は、コンプレックスの塊でした。

への字で厚くて唇の形が嫌い
横顔が平面で嫌い
低い鼻が嫌い
厚い瞼が嫌い
テカる鼻が嫌い
かさかさの唇が嫌い
大きい顔が嫌い
丸い顔が嫌い
笑うとなくなる目も嫌い
短い手足が嫌い
低い身長が嫌い
短い指が嫌い
かさかさの肌が嫌い
出っ張ったお腹が嫌い
丸まった背中が嫌い
音痴が嫌い
ドン臭くて運動も嫌い
字も下手くそで嫌い
楽器も苦手で嫌い
・・・・・・etc・・・

自分の好きなところを見つけることが出来なくて
自分からは人と話も出来ないような子どもでした。

そのくせ、努力が大嫌いというか
実は、おだてられたりすると反発してしまう性格で
努力しているとこを見せたくないのです。
最悪ですよね。
なので勉強机に向かうなんてとんでもなかった・・・ハ八ッ

それでも、手足の長い友達や、きれいな姿勢の友達に憧れてました。

子どもの頃読んでいたの当時の平凡とか明星という雑誌にも
きれいになるためのHOW-TOは書かれていました。

ブラッシングは100回とか
足はつま先から10回ずつ洗うとか・・・
そんな見えないような努力はしていたような気がします。

髪がきれいだね。
脚がキレイだね。

と、ほめられることがあって
したことに結果は出るのだと植えつけられたのかもしれません。

なので、やってみたいことはやる!
と、様々なチェレンジをいままでしてきました。

本格的にダイエットを意識することになるのは産後でした。

本人は太っていると子どもの頃からずっと意識していましたが
それでも妊娠するまで40キロ台の体重をキープしていたのですが

産後、20キロ増えた体重が一向に戻らなくなってしまったのです。

早く結果を出したかったので
サウスーツを着てルームランナー・エアロバイクを買って
食事はノンカロリーのこんにゃく麺ときのこしか食べない
しかもセンナ(下剤)まで飲んで自己流究極ダイエット・・・

理論的には摂取カロリーよりも消費カロリーが絶対に大きいわけですから

やせるはず・・・

ところが、何故かまったく痩せないんですよね
汗はびっしょりかくのに・・・

かなり無理していますから
一週間で断念。
股ずれして終わってしまいました・・・

それから、自分ではダイエットは無理かもしれないと
店長さんのダイエット前の写真を見せられ
その場でエステに何十万円ものローンを組みました。

そのエステでは行く度に高額のサプリメントを買わされ
お金が続かないので
ローンの残金分をダイエット商品にして途中で退会。

これが、人生で一番極端なダイエットと一番お金を掛けたダイエット

この頃はカロリーのことしか意識していませんでしたから
こうしたダイエットが出来たのでしょうね。

それから、いろんなダイエット方法やいろんなダイエット商品を試してきました。

それはまた、次の機会に・・・

  >>Top >>私がダイエットマニアになった理由

tag : ダイエット


最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。