上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  >>Top >>スポンサーサイト

アイマスクダイエット」何でこのダイエットが有効だと思ったかというと、理由は二つ。

ひとつは、睡眠と肥満の関係が密接であること。

脳内物質メラトニンと睡眠の関係が密接であること。

脳内物質メラトニンを増やすには、暗くして眠らなければならない。

しかも、午後10時から午前2時の間。

勿論真っ暗にして寝る人には必要が無いのだが、
私の場合は違う。

暗くして眠れないのだ。

それは、ゴキブリ恐怖症だからだ。

子供の頃に寝ている間に這われたことがトラウマとなっていて、暗闇恐怖症なのだ。

しかも、TVなど音声を出して紛らわせていないと恐怖が増してしまうので


ゴキブリのリスクを減らす為に、電気はつけたまま眠ることが長年の習慣になっている。

だから、勿論一人寝しか出来ない。

熟眠したことも無い。

そんな訳で、思いっきり脳内物質メラトニンは減ってしまっていると思う。

骨盤の歪みと共に、痩せられない原因にもきっとなっているはず。

そこで思いついたのが、「アイマスクダイエット」なのだ。

昨日、フリース素材のアイマスクを見つけたので、早速ゲット!!

肌にやわらかい感触なのでとってもいい感じだ。

そして、夜中1回だけのトイレだった。

そして、朝の尿の量が多かった。

私の健康バロメーターは、朝の尿の量と睡眠の質が密接だということを体感している。

思ったとおりだ、効果はあるように感じている。

脳内物質メラトニンを増やすには、ある程度の時間が掛かるだろうが

睡眠の質が上がるということは

ダイエットだけではなく、健康にいいはずだ。

脳内物質メラトニンが減少すると、性格も変わってしまう。

不登校にも繋がるという話を聞いたこともある。

脳内物質メラトニンを増やすには、サプリメントなども併用するといいかもしれない。






  >>Top >>アイマスクダイエット


最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。